アジア・チュチェ思想セミナーが
スリランカにおいて開催される







 アジア・チュチェ思想セミナーが3月17日、スリランカのコロンボにおいて「自力更生は自主の源」をテーマにアジア・チュチェ思想研究所が主催して開かれました。
 セミナーには、インド、ネパール、バングラデシュの学者、法律家、政治家、ジャーナリストなどを含むチュチェ思想研究者の他にスリランカの国会議員や州議会議員、社会活動家や女性、青年学生など幅広い人たちが参加しました。日本からはアジア・チュチェ思想研究所理事で金日成金正日主義研究全国連絡会代表世話人の家正治・神戸市外国語大学教授が参加しました。  セミナーでは、アジア・チュチェ思想研究所理事長のハリシュ・グプタ教授が報告をおこないました。
 ハリシュ・グプタ教授は人類最大の願いは自主的な世界で幸せに暮らすことである、自主的な世界とは支配と従属のない世界であり、戦争と侵略のない世界であると述べ、朝鮮革命の闘争の炎のなかで金日成主席によって自主時代の指導思想であるチュチェ思想が創始されたことについて詳述しました。
 つづいてインド、ネパール、日本、バングラデシュ、スリランカの代表が討論をおこないました。
 アジア・チュチェ思想研究所理事であり、インド金日成金正日主義研究会会長のスレシュ・パタク教授はつぎのように述べました。
 自力更生は自主性を実現するための要です。国の自主性が奪われれば、不和や不満、混乱が生じ、多くの血が流される大虐殺が起こり、平和が脅かされるようになります。自力更生は自主性実現の要であるゆえ、自力更生は世界平和実現の要でもあるといえます。
 家正治教授は「世界の自主化とその実現への道」と題して討論し、現代帝国主義に対抗し、侵略と戦争がなく支配と従属のない世界、正義と公正の国際秩序を確立するために、アジアの人々は手をとりあって前進する必要があると述べ、最近の日本におけるチュチェ思想研究普及活動の状況について紹介しました。
 セミナーにチュチェ思想国際研究所の尾上健一事務局長が「アジアに吹く自主の風」と題して寄稿文を寄せ、つぎのように述べました。
 自主の道を進むのか隷属の道をたどるのか、各国各民族が選択すべき政治的進路がこんにちほどきび厳しく問われているときはないといえます。
 多くの国々が自主平和の道を力強く歩んでいる朝鮮民主主義人民共和国に注目しています。なぜ朝鮮だけが社会主義を固守し発展させているのか、なぜ米帝国主義の攻撃に屈せず堂々と自主の道を歩むことができるのか、その解答は革命の領袖の存在と領袖が創始した指導思想にあります。領袖と人民がひとつに団結し自主の道を前進する朝鮮の姿は、各国各民族がめざす政治的方向性をさし示し大きな励ましを与えています。

*   *   *

 アジア・チュチェ思想セミナーに先立って同日、アジア・チュチェ思想研究所理事会第16回会議がコロンボで開かれました。
 会議では、前回理事会会議から現在までのアジア諸国におけるチュチェ思想研究普及活動に関する報告と今後の事業計画についての協議がおこなわれ、アジア・チュチェ思想研究所理事会の役員として新たにスリランカ自力更生研究学会会長のW.A.ドゥミンドワルダネ氏が副理事長に選出され、インド、パキスタン、日本、タイ、モンゴル、バングラデシュ、ネパールから理事が選出されました。
 理事会会議は終始、友好的な雰囲気のなかで進行し、閉会しました。