帝国主義者の「改革」・「開放」策動は受け入れられない侵略・瓦解策動である
―朝鮮労働党中央委員会の責任幹部との談話―

金正日

現在、帝国主義者と反動がわれわれを「改革」、「開放」へ誘導しようと各方面から圧力を加え誘惑していますが、これにたいする正しい認識をもち、警戒心を高めなければなりません。

帝国主義者と反動は、社会主義の砦であるわが共和国を圧殺しようという軍事戦略にしがみつくだけでなく、これと平行して「平和的移行戦略」によって自分たちの侵略的野望を実現しようと、あらゆる策動をしています。帝国主義者と反動が「改革」、「開放」について騒ぎたてながら、われわれの体制を中傷し、われわれに圧力を加えているのが、まさにその策動です。

帝国主義者と反動は、われわれが「改革」、「開放」をすることなく「孤立」と「閉鎖」の道に進んでいると誹謗していますが、これは現実を歪曲し逆さに見る者だけが言える荒唐な話です。

金日成主席は、国際的に「改革」、「開放」の風が盛んに吹いていたときすでに、もともと、改革、開放というのは過ちを正し、門を閉鎖しているのを開けることであるが、われわれはすでに正すものはみな正し、門を開けているので、わが国では「改革」することも「開放」することもないと教えられました。われわれは新しい祖国、新しい社会を建設しながら、どの分野もすべて改革しないものはなく、国の門を閉鎖したこともありません。

改革というのは、古いものを新しいものに改造し革新する過程であり、もっとも徹底した改革はほかでもない社会的変革、社会革命であります。われわれがおこなった民主主義革命と社会主義革命は、人民大衆を帝国主義の植民地統治と封建的隷属、資本の搾取から解放し、国家と社会の主人になるようにした深刻な社会的変革でした。わが党が社会主義建設の総路線として堅持している思想、技術、文化の 三大革命も古い社会の遺物を徹底的に清算し、人間と自然と社会を全面的に改造するもっとも包括的な変革の過程であります。三大革命が改革よりさらに深刻な変革であることは、論議する余地がありません。

開放についていうならば、われわれはつねに門を開け放しています。わが共和国は、自主、平和、友好を対外政策の基本理念としてうちだし、対外関係を拡大発展させています。われわれはわが国の自主権を尊重し、わが国に友好的にたいする国とは、思想と制度の差異に関係なく、友好協力関係を発展させています。実際、わが国はさまざまな社会制度をもつ世界の数多くの国々と国家関係を結び、多面的な交流をおこなっています。わが国には多くの国から各分野の代表団や芸術団も来ており、各界各層の人々がたえず往来し、飛行機や船舶も自由に行き来しています。これが開放でなくてなんでしょうか。われわれにたいして「閉鎖」だ、何だといいながら「開放」せよと言うのは、われわれの政策にも、現実にもまったく合わないでたらめなことです。

帝国主義者と反動はわが国にたいして「改革」、「開放」をしないだとか、「孤立主義」だ、「閉鎖社会」だなどと誹謗しますが、実際には彼らがわが社会の変革過程、われわれの前進運動をさえぎり、わが国を封鎖して孤立圧殺しようとしています。わが国を敵視し非友好的に対しながら、政治的軍事的に圧力を加え威嚇し、われわれの体制を誹謗中傷するのも、わが国を経済的に封鎖し、他の国との協力と交流を阻害するのも、ほかでもないアメリカとその追従国であります。帝国主義者たちは自分たちの支配と略奪の目的に合致しない他の国の政治体制や経済制度は「グローバル化」の流れに合わないと言いたて、「改革」しなければならないと言い、彼らの要求する体制と政治方式、腐敗したブルジョア文化と生活様式を受け入れない国にたいしては「孤立主義」だ、「閉鎖」だと言いながら、「開放」しなくてはならないと圧力を加えています。これこそ強盗の論理であります。帝国主義者たちは、われわれにそれ「改革」だ、「開放」だと要求するのではなく、わが国にたいする彼らの孤立圧殺策動と封鎖を撤廃すべきでしょう。

帝国主義者とその追従者が、われわれに「改革」、「開放」をしなければならないと騒ぎたてるのは、わが国の社会主義制度を崩壊させ、資本主義制度を復活させようとすることに基本の意図があります。敵は「改革」、「開放」によって、われわれの社会主義を内部から瓦解させ、彼らの好みに合わせて資本主義に転換させようと陰険な目的を追求しています。

帝国主義者と反動は、わが国に醸し出された経済的難関にたいしても「改革」、「開放」をしてこそ難関から抜け出すことができると騒いでいますが、これもまた彼らの野望を覆い隠すための詭弁にすぎません。われわれの経済的難関は、わが国にたいする帝国主義者の経済的封鎖と孤立圧殺策動によって醸し出されたものです。そのうえに、世界の社会主義市場が崩壊し、以前の社会主義諸国との経済協力関係が途絶え、何年も続いた自然災害まで重なったために、われわれの経済状態と人民生活が困難になったのです。ところが、われわれが帝国主義者の説教する「改革」、「開放」を受け入れるならば、経済的難関から抜け出すことはおろか、国の自主権と尊厳が踏みにじられ、われわれの社会主義をすっかりだめにしてしまうだろうし、人民は植民地奴隷の境遇に陥ることになるでしょう。これは「改変」だとか「多元主義」だとかいう風によって社会主義が崩壊し、資本主義が復活した多くの国の現実がはっきりと示しています。帝国主義者と反動がこれほど執拗に騒ぎたてる「改革」とか「開放」という「処方」は、われわれを経済的難関から抜け出させるためのものでも、わが国の経済を活性化するためのものでもなく、彼らの侵略的で支配主義的な野望を実現するためのものです。

帝国主義者たちは「改革」、「開放」をなにかの付帯条件として唱え、政治的圧力の手段、経済的制裁と封鎖の口実と見なしています。帝国主義者は、甚だしくは人道主義的問題にまで「改革」、「開放」を持ち込んで、人道主義を政治的取り引きの道具にしています。彼らは、われわれが国際社会から人道主義的援助を受けようとするならば「経済構造を改革」しなければならないだの、「共産主義体制」を克服しなくてはならないだのと言いながら、われわれの体制転換を提起し騒ぎ立てています。これは人道主義にたいする愚弄です。人道主義は政治の道具となってはならず、絶対に不純な政治的目的に利用されてはなりません。

われわれに「改革」、「開放」をさせようとする帝国主義者と反動の策動は、わが国の自主権にたいする乱暴な侵害であり、破廉恥な内政干渉であり、国家間の関係に関する国際法の公然たる蹂躙です。われわれの社会主義はわが人民が自ら選択したものであり、誰もわれわれの制度、われわれの政治にたいしてああしろ、こうしろと言う権利はありません。われわれはすべての国家、すべての民族が自己の運命を自主的に開拓していくことを主張し、他人の自主権を蹂躙することにも反対し、われわれの自主権を侵害することも許しません。われわれはつねに他の国の社会制度を尊重してきたし、アメリカにたいしても、またどの西側資本主義国にたいしても、資本主義制度を社会主義制度に変えるように要求したこともなく、また要求もしません。思想と理念、社会制度が互いに異なる国であっても、自主性を相互に尊重する原則で平和的に共存すべきだというのが、わが党と共和国政府の一貫した立場です。

帝国主義者たちは「改革」、「開放」について騒々しく騒ぎ立てていますが、自分たちの体制は変えようとせずに、他人の体制を自分たちの要求どおりに変えるように説教し、脅迫しようとしています。国際社会においてこのような専横は受け入れることができないものであり、断固として阻止粉砕しなくてはなりません。

帝国主義者とその手先が「改革」、「開放」の方法で、われわれの社会主義を変質・崩壊させ、わが国でも資本主義を復活させようとするのは途方もない妄想です。帝国主義者の「改革」、「開放」策動は、社会的進歩を阻み、歴史の流れを逆転させようとする反動的策動であり、「グローバル化」の看板のもとで彼らの支配主義的たくらみを押しつけようとする陰険で横暴な侵略手法であります。

革命の嵐を突き抜けて盤石のごとく打ち固められたわれわれの社会主義体制、帝国主義者とあらゆる反動の反社会主義攻勢をうちやぶり、微動だにせず確立された不敗の社会主義の砦を崩壊させようとするのは愚かなことです。帝国主義者と反動のいかなる軍事的威嚇恐喝も、経済的封鎖や圧力もわれわれには絶対に通用しません。

帝国主義者は歴史の教訓を忘れてはなりません。アメリカは半世紀もの間、われわれの社会主義を抹殺しようと、戦争と封鎖、威嚇と圧力、破壊圧殺策動にいたるまで、あらゆる手段と方法をつくしましたが、そのすべてが失敗をまぬがれませんでした。わが国にたいする帝国主義者の軍事的侵略と孤立圧殺策動は、かつてと同じく今日も将来も、恥ずべき敗北しかもたらさないでしょう。

「改革」、「開放」にたいするわれわれの立場は断固としており明白です。われわれは敵の「改革」、「開放」策動を徹底的に排撃し粉砕しなければなりません。誰が何と言おうと、どんな風が吹こうと、わが党と人民はけっして「改革」、「開放」の道に進まないでしょう。

チュチェの社会主義を守り朝鮮式に生きていくことは、いささかも譲歩できないわれわれの原則です。われわれは、金日成同志が提示された社会主義建設の総路線をしっかりと堅持して、思想、技術、文化の 三大革命を力強く展開していくであろうし、革命と建設のすべての分野でチュチェの原則、社会主義の原則を確固と堅持して、すべてのものを朝鮮式におこなっていくでしょう。

経済問題もチュチェの原則、社会主義の原則で朝鮮式に解決していかなくてはなりません。われわれの政治思想的威力を発動して、われわれの制度の優越性、われわれ自体の経済土台に依拠して、すべての問題を解決していくこと、まさにこれが朝鮮式でありチュチェのやり方です。

わが革命は今、厳しい試練を経験していますが、われわれの力は不敗であり、われわれの展望は良好です。革命の首脳部が確固としており、軍隊と人民が党の周りに一心団結している以上、わが革命はどんな難関と試練も突き抜けて勝利的に前進するでありましょう。幹部たちは信念と楽観をもって、朝鮮式に革命と建設を力強く推し進めていかなければなりません。